FC2ブログ

きままに京都嵐山 Kyoto Arashiyama latest information

京都嵐山の住人が勝手きままに綴る、京都嵐山の地元情報や観光情報。嵐山の見所、四季折々の嵐山を中心に京都のお出かけ情報をお届けします。

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

春節の中華圏客おもてなし 京都・嵯峨嵐山

本日の京都新聞朝刊記事です。中国の春節に向けたインバウンド対策ですね。

春節(2月8日)の休暇を利用して京都を訪れる中国や台湾の観光客に楽しんでもらおうと、京都市右京区と西京区にまたがる嵯峨嵐山地域の商店主たちが、春節風の飾り付けや日本の正月行事を紹介するイベントなど特別なもてなしを企画している。「商機に生かすだけでなく、互いの文化的な交流にも役立てたい」と、準備を進めている。

 春節は旧暦の正月にあたり、中華圏で最も重要な祝日とされる。春節に合わせた1週間程度の休暇を利用して日本を訪れる旅行客が年々増加しており、「爆買い」と呼ばれる大量の買い物が話題にもなっている。

 嵯峨嵐山地域の5商店街でつくる「嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会」が、買い物や名所見学だけでなく、正月行事などを通じて日本文化をより深く知ってもらおうと発案した。

 協議会は、日本と中華圏の正月行事の歴史や特徴、違いを学ぼうと、1月下旬にメンバーら約40人で勉強会を開いた。地元の神社の宮司や、アジアの文化に詳しい大学教授らの講義を受け、地域として取り組むべきおもてなしについて意見を交わした。

 会議での議論を踏まえ、7、8の両日に嵐電嵐山駅前でもちつきのイベントを行う。ぜんざいや酒も振る舞って、日本の正月に親しんでもらう。右京区の嵐山保勝会の事務所で、中華圏で縁起がいいとされる赤色を使った箸袋や買い物袋の提供や、「逆さ福」のステッカー、提灯の展示など春節に合わせたしつらえを準備し、各店舗に使用するよう呼び掛ける。

 協議会メンバーの加藤就一さん(51)は「日本人観光客にも春節の文化を知ってもらいたい」と多くの来場に期待する。イベント当日は旅行客にアンケートを取る予定で、今後のもてなしに役立てる。
スポンサーサイト



| 京都嵐山情報 | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の嵐山は雪。。。

やっと冬が来た?!

今朝は、早朝から吹雪のような荒天です。

めちゃくちゃ寒いです。

暖かくしてお出かけください。

IMG_3640.jpg

| 京都嵐山情報 | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年 申歳

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2016年 申歳

ということで、今年も松尾大社へ。
ちょうど大晦日の夜は少し雨でしたが、
元旦はいいお天気でした。

matuo

| 京都嵐山情報 | 14:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |