FC2ブログ

きままに京都嵐山 Kyoto Arashiyama latest information

京都嵐山の住人が勝手きままに綴る、京都嵐山の地元情報や観光情報。嵐山の見所、四季折々の嵐山を中心に京都のお出かけ情報をお届けします。

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

嵐山温泉、待望の外湯 湯煙の向こうは渡月橋

嵐山温泉、待望の外湯 湯煙の向こうは渡月橋(京都新聞より)

京都嵐山地域では初めてとなる、温泉の外湯施設が建設されることが17日までに分かった。京都市西京区の阪急嵐山駅近くに来年5月にもオープンする予定。気軽に入れる公衆浴場形式で、嵐山の新たな観光振興の目玉として地元の期待が高まっている。

■来年5月オープン 日帰り客呼び込む

 阪急電鉄が所有する土地を共立メンテナンス(東京都)が事業主となって開発する。事業計画書によると、西京区嵐山上河原町の阪急嵐山駅のすぐ北側の川岸約3千平方メートルの敷地に、地上1階、地下1階、延べ床面積約870平方メートルの施設を建設する。渡月橋にもほど近い。

 行政手続きなどはすでに済み、9月にも着工するという。温泉の湯は、地元の業者でつくる嵐山温泉開発(西京区)が供給することで合意した。

 嵐山温泉開発の湯は、これまでも地元の旅館の風呂や京福電気鉄道の駅の足湯などに利用されてきた。新たな施設は日帰り客がメーンの外湯施設となり、多くの集客を見込めるとする。名称はまだ決まっていない。

 嵐山温泉開発の磯橋克康社長(64)は「嵐山にとってあらためて温泉をアピールできる施設となる。観光振興に期待したい」と話している。

と掲載されていました。

来年の5月オープンらしいですね。
地元としてもちょっと楽しみです。。。




ランキング参加中です。一日一回ポチッとお願いしま~す。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
スポンサーサイト



| 京都嵐山情報 | 22:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嵐山にスーパー銭湯!?

嵐山の中ノ島橋のたもとに、嵐山公衆浴場ができます。

嵐山ではすでに温泉が沸いています。

源泉の効能は、単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉)で神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、

うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え症、疲労回復、健康増進など に効果がある

とされています。

宿にこの温泉を引いているところもあります。

その源泉を使った温泉だと思いますが、工事が始まりました。

完成は来年かも?スーパー銭湯みたいであれば楽しみかも・・・

嵐山温泉1   嵐山温泉2

楽しみですね。。。



ランキング参加中です。一日一回ポチッとお願いしま~す。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

| 京都嵐山情報 | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

角倉了以399年川施餓鬼

6月2日の今日11時から渡月橋上流で、角倉了以の川施餓鬼が行われました。
角倉了以といえば、保津川や高瀬川などの開削に尽力した京の豪商ということは有名です。

住職が般若心経を唱え、舞が披露されました。

施餓鬼(セガキ)とは、お盆になると仏様を供養するということです。
施餓鬼とはどういう意味かといいますと、人が亡くなりますと仏教では
生前行った功徳の結果によって六道世界というものに分けられるそうです。
そのうちの一つが施餓鬼であって、欲求不満の人間がいる地獄らしいのです。
この餓鬼道の世界で苦しむ人々を極楽世界へと導くことが、施餓鬼といわれています。

角倉了以1   角倉了以2

角倉了以3   角倉了以4

そして

角倉了以、アニメ映画に 2014年の完成目指す(京都新聞より)

京都の民間団体や映画関係者らが、高瀬川開削や朱印船貿易などで知られる豪商・角倉了以(1554~1614年)と、息子の素庵(そあん)(1571~1632年)を題材にしたアニメーション映画の製作に乗り出す。「共生・挑戦・慈悲」の精神で激動の時代を生きた生涯を描く。了以が没し、高瀬川開削が終わってから400年となる2014年の完成を目指しており、7月16日に京都市上京区の同志社大寒梅館で公開フォーラムを開く。

 映画は、「夢は波濤(はとう)をこえて-天命に生きた男・角倉了以」(仮称)。NPO法人「京都高瀬川繁栄会」(中京区)や映画製作・配給会社などが昨年9月に製作委員会を結成した。関係者が事前調査のため10年から文献や史料の研究などを続けていた。

 ストーリーは、戦乱や慶長伏見地震(1596年)など災害が起きる苦難の時代の中、未来を切り開いていった了以たちの生きざまや、朱印船内に掲げられた「船中規約」など角倉一族に見られる共生の精神を軸に構成する予定だ。アニメ制作は漫画家手塚治虫(1928~89年)と関係があるアニメーション制作会社「虫プロダクション」(東京都)が担当する。

 映画製作をPRする公開フォーラムでは、高瀬川を調査した著書「京都 高瀬川」がある郷土史家の石田孝喜さんが角倉一族の業績について講演。京都市ベンチャービジネスクラブ代表幹事の井上太市郎氏や角倉宗家当主の角倉吾郎氏、了以が建立した瑞泉寺(中京区)住職の中川龍晃氏による討論会もある。

 製作委員会の寺島鉃夫(てつお)代表(66)は「支援者も募り、オール京都で映画を成功させたい」と話している。

 公開フォーラムは、午後2時から。参加費500円。定員800人。先着50組100人を無料招待する。問い合わせは関西プロデュースセンターTEL075(581)0066。


角倉了以ファンの方にはオススメです。


ランキング参加中です。一日一回ポチッとお願いしま~す。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

| 京都嵐山情報 | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |